« 声調言語 | トップページ | 島(解説編) »

 一人の言語学者がとある島へふらりとやってきた。北海の風雨の荒れ狂う,どんよりとした島で,何日かたつとその言語学者は島の住人との接触に成功した。

 もちろんこの学者は島の住民の言語を調べ始めた。やがて調査が進むにつれてこの島の言語がかなり面白いものであることに気がつき,言語学者はこみあげてくる興奮を押さえることができなかった。とはいえ,その言語は見かけの上では目に立つような特徴があるわけではなく,母音の数は10ほど,子音の数も20から30の間と,どちらかといえばごく平均的な言語で,強いて珍しい音と言えば,舌尖あるいは舌端が上の前歯の裏に近づくか,軽く触れて巾の広い狭めを作り,左右の舌縁は奥歯などに密着して空気が横にもれないようにし,口むろのみを通して送られてくる呼気が舌尖付近を通るときに生ずる摩擦音があり,それが有声と無声の対立をなすペアーを持っていることぐらいであった。

 音の次に文法の調査にとりかかったが,ここでも特にとり上げるべきものはなかった。名詞には性がないのに数があり,動詞はある一つの動詞が八つの変化形を持つのがもっとも数が多く,基本的な動詞には変化形が五つしかなく,あるmodalな動詞にはたった一つの語形変化しかなかった。目につく特徴といえばこんなことぐらいであった。

 しかし,調査を進めていくにつれ,この言語には目の前で行われている動作に対し複合形式によるとはいえ動詞に特別な形式があることが分かった。また思わず首をひねったのは未来を示す動詞に過去形があるという珍現象で,主文の時制が変わると副文の方の時制もそれにスライドさせるという結果生じたものであった。代名詞を調べたときに分かったのは,三人称単数を示す人称代名詞は,まず人か人でないかで区分し,人の場合にのみ性の区別があって,そのほかは動物も植物も無生物もいっしょくたに示していた。これは名詞の性のないことと関係がありそうであった。

 さらに調査が進むと,この言語では受身形が発達していたが,これは「xはyになぐられた」というような関係を示すほか,「yになぐられたのはxである」というように話者が強調したい要素を示すとき使われることのあることも判明した。

 言語学者は島の滞在をのばし,ますますこの言語の調査に身を入れた。そして,ある日のこと,言語学者がこの島の居酒屋でなにやら得体のしれない,それでいてなんとなく魅力のある強い酒を飲んでいたときのことである。一人の男が一冊の本をこわきに抱えて居酒屋に入ってきた。折をみて,言語学者は習いたての島のことばでその男に話しかけ,一生懸命頼んでその本を貸してもらい,宿へ帰ってから調べてみた。

 驚天動地というのはおそらくこのような場合のことをいうのであろう。本の内容は今言語学者が調べている言語で書かれたその言語の文法であった。言語学者がそのとき以来宿から一歩も出ずにその本を読んだことは説明の必要はあるまい。そして,やっと内容を判読してもう一度驚いたのは,自分の調査した言語の記述とその文法の記述とが大きく異なっていることであった。

 文法書によるとこの言語には三つの格があることになっていた。しかし,その言語学者はどう考えても名詞に三つの格を認めることはできず,代名詞にあるとされている格もSuppletive(補充法的)なもので,この言語の記述に格というカテゴリーは形態論では不要なものに思われた。

 なにしろ面白い言語であった。形態論上の形式が非常に少なく,したがって語順により主語と目的語を区別していて,この点はその言語学者が知っていた中国語と似ているような気もした。しかし,中国語とその言語は構造の深い所で違っており,この島の言語は主語・述語という二項形式が構造の基礎にあった。

 話はやや前後するが,初めてこの言語で書かれた本を手にしたときの言語学者の興奮については一言する必要がある。

 その言語学者は文字の数から直ちにこの文字がアルファベットであることを読み取った。(文字の数というものはアルファベット,すなわち,一音一文字のシステムの場合が一番少なく,音節文字ではそれが増え,表語文字では飛躍的に増えるものである)。しかし,本の第一頁にある1を示す語を見いだしたとき,三文字で書かれたこの語の中で,たった一文字だけが実際の音と対応するという実に変なアルファベットだった。この文字と発音の対応の原理を調べるのに言語学者はかなりの時間がかかった。そして,さらに研究が進んだとき,かつて表語文字からアルファベットへと進んだ人類の言語が,この言語では,再びアルファベットから表語文字へと回復しようとする傾向があることに気がついた。

 発音とは大きく異なったいくつかの文字のあつまりで語を示し,時にはそれに偏をつけて意味を区別していた。「夜」を意味する語と,「騎士」を意味する語は同じ発音でありながら偏だけで区別されているのは,漢字で「分かれる」を意味する「支」が「枝」や「肢」を作るのを思わせるところがあった。

 ついに,言語学者が「島」を去る日が来た。もう止められないほど愛着を感じている褐色の液体をたくさん飲みかわしてから,これまで「島」と呼ばれていたこの「島」には名はないのかと最後の質問をした。すると,島の人々は一斉に


íŋglənd

と答えた。

千野栄一『プラハの古本屋』大修館書店1987

 なんと,この「奇妙な言語」は英語だったのですね。

|

« 声調言語 | トップページ | 島(解説編) »

外国語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1002106/11121412

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 声調言語 | トップページ | 島(解説編) »