« 子音字の順番 | トップページ | 声調 »

母音の位置

 タイ文字は,子音字に母音記号をつけて1音節を表します。

 英語のような音素文字では,文字は発音の順番に左から右へ書く。

 ハングルのような音素文字では,1文字の中に子音字母と母音字母がありますが,子音は上または左,母音は下または右につくという規則がある。そこへさらに子音がつく場合(閉音節)は,音節末の子音は下につきます。左→右,上→下という方向は一貫しています。

 タイ文字の場合はどうか。

 これが複雑なのです。

英語のように(というかごくフツーに),子音の右に母音を書く場合もあります。

 韓国語のように,子音の下に母音を書くこともあります。

 そして,子音の上に書くこともあるのです。

 それだけじゃない。子音の左に書く場合もある。これなんか,明らかに発音の順番に逆らっているので,とても不自然に感じるのですが…。

 そしてさらには,二つの母音記号が子音字を左右から挟み撃ちにしたり,漢字の垂れのように左と上,あるいは上と右につく場合,門構えのように左右上から囲み込む場合さえあるのです。

整理してみましょう。

旁型() ระ

偏型()  ไก่

冠型() ลิ

足型() งู

垂れ型①(左上) เกิ

垂れ型②(上右) สำ

行型(左右。「街」における「行」のように) เต่า

構え型(左右上) เสือ

|

« 子音字の順番 | トップページ | 声調 »

タイ文字」カテゴリの記事

コメント

タイ文字の子音字と縦軸が同じ位置には半母音を表すものが置かれるのですか。タイ文字の子音字の右には下降二重母音の前半を表すものが来るのですか。タイ文字の子音字の左には下降二重母音の後半を表すものが来るのですか。
中国語のニャン(娘)はタイ文字でナ行を表す子音字の上にイ段を表すものをつけナ行を表す子音字の右にア段を表すものをつけア段を表すものの右に鼻濁音のガ行を表す子音字をつけて表記するのでしょうか。
タイ文字で子音字の上にイ段を表す母音字をつけて子音字の下にウ段を表す母音字をつけて中国語の前に子音がつくチュアン(全)の半子音を表記したいですか。
平成24年。

投稿: アルイクス | 2012年1月29日 (日) 13時36分

アイルクスさん

ずいぶん前にコメントをいただきましたが、返信せず、失礼しました。

中国語のニャン(娘)と、チュアン(全)をタイ文字で表したらどうなるか、というご質問と理解しました。中国語はわからないので、nyang、chuanをどう表すかについてお答えします。
nyangは、เนียง จวน
chuanは、จวน
になると思います。

タイ文字の母音記号は、子音字の上下左右につきますが、上や下には半母音がつくとか、左右には二重母音の前半や後半が来る、というわけではありません。
母音によって、つく位置が決まりますので、母音ごとに覚えるほかないと思います。

投稿: 犬鍋 | 2012年3月13日 (火) 23時34分

とてもわかりやすい説明でした。

タイ語を教える際にすべての人はこのことをまず説明すべきだと思います。

タイ語のアルファベットを学ぼうとした時、最初に「ก ไก่」「コーのガイ」と書いてあり行き詰まってしまいました。

ガイの発音のコーだということは推測で分かりますが、ガイの母音が左にくるなどと自力で気付ける人は少ないと思います。

このブログの説明は大変役に立ちました。ありがとうございます!

投稿: tk | 2016年5月27日 (金) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1002106/11653791

この記事へのトラックバック一覧です: 母音の位置:

« 子音字の順番 | トップページ | 声調 »