« 声調 | トップページ | 子音の音価 »

子音グループ

 タイ文字の子音字には「高子音」「中子音」「低子音」という三つのグループがあります。

 これは,音節の声調を決定するのに非常に重要な役割をするため,(いずれは)すべて覚えなければなりません。

高子音(10字):

中子音(9字):

低子音(23字):

     


     

 さて,これをどーやって,覚えるか?

 低子音がいちばん多いので,とりあえず高子音と中子音を覚えて,残りが低子音というふうに覚えればよい。

 じゃ,高子音と中子音をどうやって覚えるか。

 高子音は,タイ文字の順序を覚えるときに(代表単語とセットで暗記)正しい声調で覚えることにより,覚えられます。

 単語の前に,子音+オー()をつけますね。


 ここの部分の声調が,高子音の場合は必ず上声(∨)になるのです。この,子音+代表単語のセットが,常に瞬間的に頭に浮かぶまでに覚えられていれば,高子音を見分けるのに苦労はしません。

 一方,中子音と低子音は,どちらも「子音+オー」の部分が平声(平坦)。したがって,これで区別することはできません。

 中子音は数が少ないですから,丸暗記するしかないでしょう。

|

« 声調 | トップページ | 子音の音価 »

タイ文字」カテゴリの記事

コメント

出張準備でタイ語を覚えようと思い、本など買ってみましたが、ほとんど挫折状態です。
こちらのブログは手元にある本なんかよりよっぽど上手にまとまっています。ぜひ続けてくださいね。

投稿: 白・くまむし | 2008年4月12日 (土) 07時51分

白・くまむしさん,コメントありがとうございます。

タイ語は文字が難しいですね。最初から文字をあきらめて,発音記号(とCD)だけで覚えていく人のほうが,上達が早いような気もしますが,私の場合,どうしてもこの文字を征服したいと思って悪戦苦闘しています。

いつまで続くかわかりませんが。

投稿: 犬鍋 | 2008年4月13日 (日) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1002106/11955720

この記事へのトラックバック一覧です: 子音グループ:

« 声調 | トップページ | 子音の音価 »