« 文字の学習(3) | トップページ | 文字の学習(5) »

文字の学習(4)

〈既出子音字〉 [k]  [m] [t]  [l]

〈既出母音記号〉-[-aː]


〈新出子音字〉


[p] ปอ ปลา [pɔː plaː] ポー プラー 魚のp 発音



の代表単語,ปลาを見てみましょう。


ปลา [plaː] プラー 魚 〈発音


 最初の二文字は二重子音で pl。

 日本語や韓国語は,音節の最初に二重子音が来ることはありませんが,タイ語には二重子音があります。ただし,種類はあまり多くはありません。

 また,日本語の音節は開音節で,常に母音で終わります。しかし,韓国語,英語,タイ語は閉音節があり,音節が子音で終わることがあります。

 例えば,


ปา [paː̀]  パー\k 口 〈発音(\は低声を表す)



 音節の終わりの子音を末子音といいます。上の例では,
 [k]が末子音です。

 英語の末子音は,二重,三重子音もありますが,タイ語は(韓国語も)一つだけ。種類もそれほど多くありません。


ปาปลาパー\kプラー 魚の口


ปาลาパー\kラー ロバの口


とくれば,


ปากกパー\kカー 


は,当然「カラスの口」だと思うでしょう。(もちろんその意味もあるでしょうが)
実はこれ,ボールペンのことです。

 先っぽがカラスの口に似てる?

 ボールペンを初めて見たタイ人が,カラスの口を思い浮かべたのでしょうか。


ปลาタープラー 魚の目


 これがなんと「ウオノメ」という意味にもなるというから驚きです。

 タイ語は語彙が少ない代わりに,言葉を組み合わせた複合語が多いそうです。複合語の妙を味わうのも,タイ語学習の楽しみの一つです。

|

« 文字の学習(3) | トップページ | 文字の学習(5) »

タイ文字の学習」カテゴリの記事

コメント

パーカーはペンのブランド名ではと思いました。

投稿: hiroshi | 2011年12月 7日 (水) 02時42分

コメントありがとうございます。

長らく更新していないブログにコメントがいただけてうれしいです。

カウンターは少しずつ上がっているので、タイ語学習者の方々に少しはお役に立てているのかなと想像している次第です。

ホチキスやシャープペンシルももとはと言えば商標名。メキシコではインスタントラーメンの一般名詞が「マルチャン」だそうです。

投稿: 犬鍋 | 2011年12月12日 (月) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1002106/11973330

この記事へのトラックバック一覧です: 文字の学習(4):

« 文字の学習(3) | トップページ | 文字の学習(5) »