« (11)~(15) のまとめ | トップページ | 文字の学習(16) »

分かち書き


分かち書きとは,文章を書くときに単語や文節単位で間を空けて書くこと。

ほとんどの言語で行われています。

英語,フランス語,ドイツ語,ロシア語…。

韓国語も,かつてハングルと漢字を混用していた時期には分かち書きをしませんでしたが,漢字が廃止されハングルだけで文を綴るようになってからは,文節単位で分かち書きをします。

Parents are the holders of educational rights when it comes to their children.

학부모는 자녀 교육의 책임과 의무를 지닌 교육권의 주체인 동시에

親は子供の教育への責任や義務を負う教育権の主体であると同時に

日本語の場合,分かち書きをしませんが,これは漢字混じり文では文節の切れ目がわかりやすいためです。すべてをひらがなで書くと,読みにくくてしょうがない。たとえば,

おやはこどものきょういくへのせきにんやぎむをおうきょういくけんの…

漢字の比率の少ない子供用の本では,わかちがきをします。

おじいさんが かぶの たねを まきました。あまい あまい かぶに なれ…

中国語も分かち書きをしないようです。分かち書きをしない言語は日本語,中国語,かつての(漢字混用だった時代の)韓国語などで,漢字(表意文字)が使われています。

表音文字の言語のほとんどは分かち書きをします。

ところが,タイ語は表音文字なのに分かち書きをしない。

การประชาสัมพันธ์ภาพยนตร์ก่อนการออกฉาย

子音字と母音記号の組み合わせが複雑で,音節の単位も不明瞭なうえに,単語単位での分かち書きもなく,一文が終わるまでだらだらと文が続きます。タイ文字が難しく感じられるのは,分かち書きがないことも一因だと思います。

|

« (11)~(15) のまとめ | トップページ | 文字の学習(16) »

タイ語全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1002106/20920474

この記事へのトラックバック一覧です: 分かち書き:

« (11)~(15) のまとめ | トップページ | 文字の学習(16) »