« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

声調の学習(19)

低子音字を高子音字化するホーナム()同様に,中子音字の

[ʔ] ออ อ่างːːŋ] オー アーng 


は,低子音字を中子音化する記号としても使われます。


これを「オーナム」と言います。


ออ นำ オー ナ (導きのホー)



ただし,これが使われるのは次の4単語だけです。


すべて
の前につき,声調は低声です。


อยาก ヤーk 〈発音〉 したい 

     ※
がなければ低子音字/促音節/長母音で下声


อย่า ヤー 〈発音〉 するな 

     ※
がなければ低子音字/第一声調記号で下声


อยู่ ユー 〈発音〉 ある/(して)いる 

      ※
がなければ低子音字/第一声調記号で下声


อย่าง ヤーng 〈発音〉 のような 

      ※
がなければ低子音字/第一声調記号で下声

続きを読む "声調の学習(19)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声調の学習(18)

声調の学習(10)で,低子音字を高子音化する「ホーナム」(導きのホー)を学習しました。


หมา(マー 犬)の,最初のことです。



そのときは声調記号がつかない例だけをあげましたが,ホーナムがついて,さらに声調記号がつく例もあります。

その場合,声調記号がつく位置は,第二文字目の低子音字の上です。

声調は,高子音字に声調記号がついたときと同じです。



〈例〉


หนึ่ง ヌーng 〈発音〉 1



は低子音字ですが,がついて高子音化。そこに第一声調記号がつき,低声になります。

続きを読む "声調の学習(18)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声調の学習(17)


③-7 第三声調記号(
-)/中子音字


高声高い音で始まり高いまま発音



③-8 第四声調記号(
-)/中子音字


上声低い音から高い音へ上がる音



第三・第四声調記号は,中子音字にしかつきません。

続きを読む "声調の学習(17)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声調の学習(16)

③-6 第二声調記号(-)/低子音字


高声高い音で始まり高いまま発音



低子音字/平音節/声調符号なしは平声

低子音字/促音節/声調符号なし/短母音は高声

低子音字/促音節/声調符号なし/長母音は下声

低子音字/第一声調記号は下声


そして低子音字/第二声調符号は高声です。


続きを読む "声調の学習(16)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイ語の発音表記


タイ語の発音表記は,学習書により,いろいろなやり方が工夫されています。

辞書のように発音記号を使うもの,カタカナ表記のもの,カタカナ表記に声調記号を加えたもの,などです。

本ブログが勝手にリンクしているアメリカのサイトは,ローマ字表記。そして韓国の学習書は,当然ハングル表記です。

 発音記号以外は,タイ語の発音を完全に表記することはできません。

 特に,日本語のカタカナはつらい。ときどき声調記号なしのカタカナ表記の本を見かけますが,これはほとんど役に立たないといっていいでしょう。

 カタカナ表記でタイ語を表しにくいのは,日本語の子音,母音の数が少ないためです。9つあるタイ語の単母音を,日本語の5母音で表すのは無理。

 子音も,有気音/無気音,二種類のrは区別できないし,ng音も表せません。

 そして日本語は開音節(母音で終わる)言語ですから,末子音(音節末の子音)を表せない。


 その点,韓国語の文字であるハングルは,タイ語の音を表記するのに日本語よりずっと有利です。

 まず,子音と母音の数が日本語よりも多い

 有気音/無気音の区別がある。

 閉音節言語なので,末子音を表記できる。


 試みに,タイ語の子音をハングルで表してみましょう。

続きを読む "タイ語の発音表記"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声調の学習のまとめ(11)~(15)

〈声調規則〉

③-1 第一声調記号(-่๋)/中子音字


低声低い音で一定に発音


③-2 第一声調記号(
-่๋)/高子音字


低声低い音で一定に発音


③-3 第一声調記号(
-่๋)/低子音字


下声高い音から低い音へ下がる音)


③-4 第二声調記号(
-)/中子音字


下声高い音から低い音へ下がる音)


③-5 第二声調記号(
-)/高子音字


下声高い音から低い音へ下がる音)



中子音字は,

[k] [c] [d] [t] [b] [p] [ʔ] [d] [t]


高子音字は,

[kʰ] [cʰ] [tʰ] [tʰ] [pʰ] [f] [s] [s] [s] [h]


低子音字は,

[kʰ] [kʰ] [ŋ] [cʰ] [s] [cʰ] [j] [tʰ]


[tʰ] [n] [tʰ] [tʰ] [n] [pʰ] [f] [pʰ]


[m] [j] [r] [l] [w] [l] [h]


続きを読む "声調の学習のまとめ(11)~(15)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声調の学習(15)


③-5 第二声調記号(
-)/高子音字


下声高い音から低い音へ下がる音)



高子音字/平音節/声調記号なしは上声

第一声調記号は低声

第二声調記号は下声です。


続きを読む "声調の学習(15)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声調の学習(14)

③-4 第二声調記号(-)/中子音字


下声高い音から低い音へ下がる音)



中子音字/平音節/声調符号なしは平声

第一声調記号は低声

第二声調記号は下声です。


続きを読む "声調の学習(14)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声調の学習(13)

③-3 第一声調記号(-่๋)/低子音字


下声高い音から低い音へ下がる音)


低子音で声調符号がない場合,平音節は平声,促音節は長母音が下声,短母音が高声。

したがって,第一声調符号のつく低子音字は,平音節または促音節/短母音。

もともと下声の促音節/長母音にはつきません。

続きを読む "声調の学習(13)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声調の学習(12)


③-2 第一声調記号(
-่๋)/高子音字


低声低い音で一定に発音


高子音の場合も,音節はすべて平音節です。理由は中子音字と同じで,促音節の場合,声調記号をつけなくても低声となるからです。

高子音字/平音節は上声。第一声調記号がつくと低声になります。

続きを読む "声調の学習(12)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

声調の学習(11)


③-1 第一声調記号(
-่๋)/中子音字


低声低い音で一定に発音



音節はすべて平音節です。
なぜなら,促音節の場合,声調記号をつけなくても低声となるからです。
中子音字/平音節は平声。第一声調記号がつくと低声になります。


続きを読む "声調の学習(11)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のタイ語学習歴

 私は96年から2007年までの11年間,韓国に駐在していました。

 私が仕事で初めてタイを訪れたのは2002年。韓国からの出張でした。そのとき,バンコクの日本人向け書店で一冊の学習書を買いました。

 これが私のタイ語学習の始まりです。

 以来,学校に行く時間がないので基本的に本で独習しています。


続きを読む "私のタイ語学習歴"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声調の学習のまとめ(6)~(10)


〈声調規則〉

②-1 声調記号なし/促音節/中子音字

低声(低い音で一定に発音)


②-2 声調記号なし/促音節/高子音字

低声(低い音で一定に発音)


②-3 声調記号なし/促音節/低子音字/短母音

高声(高い音で始まり高いまま発音)


②-4 声調記号なし/促音節/低子音字/長母音

下声(高い音から低い音へ下がる音)


หอนำ ホ∨ー ナm (導きのホー)


低子音字の前について,低子音を高子音化する記号

続きを読む "声調の学習のまとめ(6)~(10)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声調の学習(10)


(9)まで,声調記号のつかない単語の声調を学習してきました。

ここで,低子音字を高子音化する記号について学習します。


高子音字の一つに,

 [h] หอ หีบ[hɔ̌ː hiː̀p] ー ヒーp 箱 発音


という文字があります。

この字は,
[h]を表す子音であると同時に,低子音字の前について,低子音を高子音化する記号でもあります。

これを,

หอ นำ ホー ナm (導きのホー)といいます。



たとえば,

มา(来る,マー/平声)

がつくと,低子音字のは高子音化され,声調は

ー/上声

となります。


〈新出単語〉

หมา マー 〈発音〉 犬

続きを読む "声調の学習(10)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声調の学習(9)


今回は,低子音字,促音節のうち,末子音がktpで,母音が長母音のものを学習します。


②-4 声調記号なし/促音節/低子音字/長母音



下声高い音から低い音へ下がる音


続きを読む "声調の学習(9)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声調の学習(8)


低子音字の場合,中子音字,高子音字とは違って,促音節のうち,末子音(ktp)がある場合,母音が長母音か短母音かによって,声調がかわります。


今回は,低子音字の促音節のうち,
①短母音で終わるもの,
②末子音(ktp)がつき,母音が短母音のもの
を学習します。


②-3 声調記号なし/促音節/低子音字/短母音



高声高い音で始まり高いまま発音

続きを読む "声調の学習(8)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »