« 2008年11月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

語彙の学習(36)701~720

野菜のいろいろ。

グリーンカレーに入れるナスは,日本のナスとはぜんぜん違って,小さくて固い。特においしいとも思いませんが,グリーンカレーには合うような気がします(気のせいか)。

もともとタイにあった野菜以外に,外来の野菜が多いのでしょうか。

「外国の」という修飾語がつく野菜が目につきます。

アメリカ大陸原産の,トマト,サツマイモ,ジャガイモがそうです(トウモロコシもアメリカ産ですが)。

続きを読む "語彙の学習(36)701~720"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~住宅事情(2006/12/2記)

 出張の五日目,ある駐在員のお宅にお邪魔しました。前回の出張時にも伺ったので二回目です。

 主に外国人(ほとんど日本人)が住んでいるというマンションなのですが,何度来ても
広い

 なんと100坪です(平米ではありません,念のため)。

続きを読む "バンコク便り~住宅事情(2006/12/2記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修正のお知らせ

700語までのリストを振り返ってみたところ,重複提出されていた単語に気づきました。


หรือ(5)「~か」(69)「あるいは」

คน(35)「人,~(国名)人(じん)」(256)「類別詞,~人(にん)」

ที่(57)「場所」(375)「~番目」

อะไร(67)(239)「何」→単純重複

ใคร(68)(240)「だれ」→単純重複

ทำ(88)「する」(441)「作る」

ตัว(141)「体」(257)「類別詞,~匹」

ลูก(168)「子ども」(419)「類別詞,山,子ども,丸いもの」(628)「類別詞,果物」

กับ(203)(418)「~と」→単純重複

ฟ้า(292)(411)「空」→単純重複

เย็น(308)「夕方」(467)「すずしい」

กว่า(314)「~すぎ(時間),~あまり」(469)「~より」


単純ミスで重複してしまったもの,用法(品詞)が違うもの,
意味がやや違うものなどがありますが,
「基本1000語」としてカウントするとき,
用法や意味がやや違うといったレベルのものは統合したほうがよいので,
単純ミスを含め,遡って修正(入れ換え)をします。

続きを読む "修正のお知らせ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~エイズ(2006/11/23記)

 出張四日目,前日の豊かなチャンブリー県から一転して,バンコクのスラム街に行きました。
 その中心にあるのが,
HDF(The Human Development Foundation)という施設。
 孤児,捨て子,親の虐待を受けた子どもなど220人の不遇な子どもたちのための施設です。住居,食事などを無料提供するだけでなく,一般の学校に通えない子どものために私設の学校も運営しています。
 Father Joeという牧師さんが創立したものですが,いまではいろいろなところから寄付を受けているようです。

 4階建ての建物の一階は,
エイズ患者(成人)のためのホスピスも兼ねている。

続きを読む "バンコク便り~エイズ(2006/11/23記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

語彙の学習(35)681~700

身の回りにある物の名前。

続きを読む "語彙の学習(35)681~700"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~ルビーの指輪(2006/11/21記)

 三日目,バスで地方に行きました。

 20人ちょっとなのに,50人以上乗れるであろう
超大型二階建てバスがチャーターされていた。このへんの感覚がおおらかというか。それにしても,背が高いなあ,このボルボ。こんなの日本でも韓国でも見たことない。

 バスに揺られて,なんと
片道4時間半

 バンコクから南東,パタヤビーチを通り越して,カンボジアとの国境近くまで行きました。

 
チャンブリー県。

 東南アジアで田舎といえばまず「貧しさ」のイメージが強いのですが,意外にもここは豊かな地域だそうです。聞けば,この地方の子どもたちはあまり勉強しないらしい。勉強しなくても豊かに暮らせるからということなのですが,なんでそんなに豊かなのか。
 実はここ,昔から
ルビーの産地だったんですね。そこらへんを掘るとルビーがザクザク(というわけではないでしょうが)。うらやましいかぎりです。

続きを読む "バンコク便り~ルビーの指輪(2006/11/21記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

語彙の学習(34)661~680

今回は,職業名,施設名,それに基本形容詞。

だんだん分野の一貫性がなくなってきました。

続きを読む "語彙の学習(34)661~680"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~食べ物など(2006/11/21記)

緑茶
 バンコクへは香港経由のタイ航空で行きました。
 途中,香港から乗り込んできたインド人が隣に座った。飲み物が回ってきたとき,インド人はトマトジュースを頼みながら,スチュワーデスに何か言っています。どうも
タバスコを入れてくれと言ったらしい。

 そんな飲み方があるんだ。

 スチュワーデスが即座に対応したところを見ると,このような注文はよくあるのかもしれません。
 今度やってみようかな。
 でも,韓国の
砂糖入りトマトジュースじゃ合わないだろうな。

 空港を出ると,気温30度。これでもタイでは涼しい季節なのだそうです。

「どうぞ」

 迎えに来たタイのスタッフが冷たい緑茶をさしだしました。これはありがたい。ぐびーっと飲んだその緑茶は
甘かった絶句

続きを読む "バンコク便り~食べ物など(2006/11/21記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

語彙の学習(33)641~660

今回は地名。

地名は「基本1000語」に入れるべきじゃないとも思いましたが,

主要都市,観光地,日本人になじみの深い地名は覚えておくべきかと。

続きを読む "語彙の学習(33)641~660"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

バンコク便り~新空港(2006/11/20記)

 先週一週間バンコクに出張しました。4カ月ぶりの訪泰です。

 今回降り立ったのは,9月末に開港したばかりのバンコク,
スワンナプーム空港。できたての空港です。
 韓国人といっしょの出張だったのですが,スワンナプーム空港がアジア最大の空港になったと聞いて,韓国人の顔が一瞬曇りました。

「仁川が最大だったのに。負けた……」

 韓国人はとにかく「アジア一」とか「世界一」というのが好きですから。





続きを読む "バンコク便り~新空港(2006/11/20記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

語彙の学習(32)621~640

果物と,いくつかの形容詞。

タイは果物が豊富です。

日本で見たこともないようなものがあります。

ほとんどおいしいですが,たまにまずいものもあります。

続きを読む "語彙の学習(32)621~640"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~MISUSHITA(2006/7/25記)

韓国人は

「ハングルは世界一優秀な文字だ,あらゆる言語をハングルで表記できる」

と豪語しますが,もちろんそんなことはない。
 音韻が貧弱だと言われる日本語の中にも,ハングルで表記できない音がある。たとえば「」。ハングルではどうしても「チュ」か「」になってしまいます。

 実は,タイ語も同じ。日本語の「ツ」は表記もできないし,発音もしにくいそうで,「ス」と表記することが多い。

続きを読む "バンコク便り~MISUSHITA(2006/7/25記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

語彙の学習(31)601~620

学校,勉学に関する語彙

「理解する」を意味するカオチャイという言葉が出てきます。これはの複合語で,

カオ:入る

チャイ:心

カオ+チャイ → 心に入る → 理解する


日本語では,「心(気)に入る」は,「気に入る」

韓国語にも同様の表現があって意味は日本語と同じ。

マウム(心) エ(~に) トゥルダ(入る)

マウメ トゥルダ(気に入る)

続きを読む "語彙の学習(31)601~620"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~デザート(2006/7/24記)

 日本語は開音節といって,音節が基本的に母音で終わります。しかし,韓国語は子音で終わる閉音節があります。

 普通の言語はたいていありますね。

 韓国語で音節末の子音を
パッチムで表記するのは,ご存じの通り。ただ,音節末に来ることができる子音に制限があって,s音は音節末に来られない。表記上,sのパッチムがついてもtの音で発音されます(直後に母音が来るとs音をリエゾンして読むが)。

 タイ語も同じ。

 音節末のsはtで発音される。また,タイ語はrやlも音節末に来ることができない。この二つはn音になります。

 タイにもマクドナルドがあるのですが,最後のldはタイ語では発音できない。まず音節末の二重子音はありえないうえ,l音はnになるという規則がある。したがって,タイのマクドナルドは,
マクドナンになります。

続きを読む "バンコク便り~デザート(2006/7/24記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

語彙の学習(30)581~600

(8)に続いて,身体部位の語彙。

「心」を使ったさまざまな複合語の一部も紹介。

続きを読む "語彙の学習(30)581~600"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~故事成語(2006/7/23記)

 昔々(といってもたかだか3年ぐらい前),バンコクのあるところに,一人の日本人駐在員がおりました。

 独り暮らしの侘しさを紛らわすため,夜な夜な
駐在員クラブに通っていたそうな。

 そんなある日,本社から重役が出張してきました。

続きを読む "バンコク便り~故事成語(2006/7/23記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

語彙の学習(29)561~580

(27)に引き続き,料理関係の語彙です。

このような語彙を「基本1000語」に入れるかどうか迷いますが,

私の場合,タイ料理の魅力がタイ語学習の動機の一つでもあるので…。

続きを読む "語彙の学習(29)561~580"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~黄色いシャツ(2006/7/23記)

ノーラン シャツイブーン マルオムヌーン クサラミー 
オッチョンジ~ ナヌンチョア~ ……
(黄色いシャツ着た 無口なあいつ なぜかしらないけど 私は好き~)

 ご存じ,李成愛(イソンエ)の「黄色いシャツ」。私の数少ないカラオケのレパートリーの一つです(古い!)。

 バンコクに日曜日に着いて,二日目,オッチョンジ
黄色いシャツを着た人が目につきました。

続きを読む "バンコク便り~黄色いシャツ(2006/7/23記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

類別詞

活用とか,複雑な文法事項の少ないタイ語にあって,数少ない特徴的な学習要素が「類別詞」です。

日本語の助数詞,~人,~匹,~個,~本にあたる用法があり,これはわかりやすい。

たとえば,「3人の日本人」というとき,

คน ญี่ปุ่น(日本人)に,สาม(3)と,人の類別詞のคนを並べて

คน ญี่ปุ่น สาม คน(日本人3人)

という。

わかりにくいのは,類別詞が数詞ではなく指示詞や形容詞を受ける用法です。

続きを読む "類別詞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲテモノ(2006/7/22記)

 タイ出張は,行くのに時間もかかるし,飛行機の便の関係で早朝出発とか,機内泊とかになって大変ですが,タイ料理の魅力があって,私にとっては出張が楽しみです。

 タイ料理は,まず食材に珍しいものが多くて,挑戦しがいがある。

 今回も,いろいろなものを食べました。

続きを読む "ゲテモノ(2006/7/22記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

語彙の学習(28)541~560


交通関係の用語。

バンコクの渋滞は世界有数。

どこに行くにも時間が読めません。

一度,ぜんぜん信号が青にならないことがあって,タイ人に聞いてみると,王室の車が通るので信号を止めているとのこと。

じっと我慢しているタイ人は偉い!

15年前,韓国はソウルの渋滞もひどかったけれど,次々に地下鉄が開通して,かなり緩和されました。

バンコクも地下鉄,高架鉄道が少しずつ伸びてきているので,少しはマシになるかもしれません。

続きを読む "語彙の学習(28)541~560"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙の日はお休み(2006/5/31記)

10年前,韓国に来てまもなく,大統領選挙(DJが当選)があって

投票率80%!

と聞いて驚いたことがあります。この高い投票率の背景には,選挙を平日に行い,なおかつ休日にして,否応なく選挙に行くようにしむけるというシステムがあったようです。

続きを読む "選挙の日はお休み(2006/5/31記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

語彙の学習(27)521~540


料理・味関連の用語。

代表的なタイ料理もいくつか。

タイ料理の名前は,材料と調理法を組み合わせた言い方が多いようです。

私にとって,タイ料理は,タイ語学習の大きな動機になりました。

一方,韓国人は,ほとんどの人が苦手。

酸っぱいのが苦手なのか,香辛料が合わないのか…。

韓国料理も辛いことで有名ですが,タイ料理の本当に辛いものはその上を行く。


続きを読む "語彙の学習(27)521~540"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイのコリアンタウン(2006/4/20記)

最近、韓国からタイへの出張というのが増えていて、実は数日前からバンコクにきてます。

続きを読む "タイのコリアンタウン(2006/4/20記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

語彙の学習(26)501~520


家具・家電・文房具など。

「類別詞」も2つ出てきます。

類別詞はタイ語独特の概念で,日本語の助数詞に似ています。500語までで出てきたものは…

256
คน 〔人間〕 ~人

257ตัว 〔動物/衣服/机・椅子〕 ~匹,~頭,~着,~脚

257เล่ม 〔本/はさみ/ナイフ〕 ~冊,~本

258อัน 〔小さなもの〕 ~個

418ลูก 〔ボール/果物〕 ~個

419สาย 〔道/川/細いもの〕 ~本

470ต้น 〔植物〕 ~本

481คู่ 〔対のもの,靴/靴下〕 ~対

482เส้น 〔糸/ひも〕 ~本

続きを読む "語彙の学習(26)501~520"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

語彙の学習(復習2)

続いて既習形容詞35語の復習です。

続きを読む "語彙の学習(復習2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

語彙の学習(復習1)


これまで,タイ語の基本語500語を覚えました。

これらの基本語は,権威あるものではまったくなく,私がこれまで挑戦しては挫折してきた数冊の学習書から,「これは基本的だよなあ」と思った語を,おおざっぱに分野別・場面別に並べてきたものです。

やってみるとずいぶん偏りがある。

場面別だと,どうしても名詞中心になっちゃうんですね。

しかし文章の核をなすのは用言。

これまでに出した用言を数えてみると,500語中,動詞は54語,形容詞は39語です。

いかにも少ない!

これから1000語に向けて,語彙を拡張していくにあたり,まずは数少ない用言を復習しておきましょう。

続きを読む "語彙の学習(復習1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ再開のお知らせ


事情があって長らく休載していた当ブログを再開することになりました。

とりあえずは「語彙の学習」の続きを掲載してまいります。

目指せ1000語!

ときどき,これまでのタイ訪問記を折り込んでいければなあ,と。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年4月 »