« 語彙の学習(42)821~840 | トップページ | 語彙の学習(43)841~860 »

バンコク便り~バンコクの日本料理の実力(2007/11/28記)

 最終日の晩は,深夜便で機内泊なのですが,その前にバンコク駐在日本人家族と食事をともにしました。

 ソウル駐在時代に知り合い,家族ぐるみにつきあいをしたあと,バンコク駐在に。すでに何回か,バンコクで旧交を温めました。

「日本料理なんですけど,いいですか?」と奥様。

「えっ? まあ,いいですけど…」(この理由はあとでわかりました)

 レストランに着くと,すでにご家族がお揃いでした。

「なんか,家族団欒のお邪魔をしちゃったようで申し訳ない」

「いえいえ,そんなことないですよ」

 久しぶりの再会を喜んだあと,しばらくして奥さんが,

「実は,今日は主人の誕生日なんです。それで,主人のお気に入りのこの店に予約してあったんで…」

「うわあ,それはいよいよ申し訳ない」

 焼き鳥に,娘さんたちが手ずから焼いてくれたたこ焼き。鍋物二種に,韓国式にラーメンをぶちこむ。これがご主人の好物なのだそうです。こんなところにソウル駐在経験が表れています。

「まだ当分バンコクですか」

「いえ,もう折り返し点を過ぎました」

 しばし,ソウル時代の話に花が咲く。

「ソウルがなつかしいなあ。もう一回駐在してもいいかな」

「ホントにそう思います? バンコクのほうがよさそうだけど」

「うーん,やっぱりそうか。あったかいしね」

 バースデーケーキを食べ,日本の焼酎の酔いが回ってきたところで,タイムリミットです。

 食事をごちそうになり,妻へのお土産までいただいたうえ,自分たちはタクシーで帰るといい,私は会社の立派な車で空港へ送り届けてくださる。まさに至れり尽くせりでした。


 帰国して,妻に一部始終を報告すると

「ところで,何を持って行ったの?」

「えっ? 何も…。手ぶらで行っちゃった」

「わあ,なんて
非常識なの!」

 さんざん責められてしまったのでした。

|

« 語彙の学習(42)821~840 | トップページ | 語彙の学習(43)841~860 »

タイ訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1002106/29089121

この記事へのトラックバック一覧です: バンコク便り~バンコクの日本料理の実力(2007/11/28記):

« 語彙の学習(42)821~840 | トップページ | 語彙の学習(43)841~860 »