« バンコク便り~非常事態宣言(2008/9/5記) | トップページ | バンコク便り~カツカレーラーメン(2008/9/7記) »

物語を読む


言語学者千野栄一によれば,外国語上達の第一歩は基本語彙の暗記。

暗記といっても,「なんとなく知っている」レベルではなく,アクティブな語彙にすることが重要。読んでわかるだけでなく,自ら自家薬籠中のものにするほどに習熟する。

これは正しいでしょう。

でも難しい。

第一,ひたすら暗記するのはつまらない。長続きしそうにない。

また,文例なしに単語を暗記するだけでは,けっして「アクティブな語彙」にはなりえない。


ということで,いったん基本1000語リストを完成した今,この習熟に時間を費やすより,タイ語のお話を読むことに挑戦しようと思います。

合わせて,1000語リストの検証も行います。タイの小学校1年生レベルのお話を読みながら,基本1000語でどのぐらいカバーしているのか,していないのかを調べてみたいと思います。

|

« バンコク便り~非常事態宣言(2008/9/5記) | トップページ | バンコク便り~カツカレーラーメン(2008/9/7記) »

読解」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1002106/29755890

この記事へのトラックバック一覧です: 物語を読む:

« バンコク便り~非常事態宣言(2008/9/5記) | トップページ | バンコク便り~カツカレーラーメン(2008/9/7記) »