« 物語を読む~ライオンとネズミ① | トップページ | 物語を読む~ライオンとネズミ② »

バンコク便り~凍死(2009/1/24記)

 本当なら12月中旬の出張予定が,例の反政府市民の空港占拠事件のあおりで中止になり,4カ月ぶりのタイ訪問になりました。

 出発の朝,東京はマイナス3度。この冬一番の冷え込みです。

 常夏のタイへ行くので,夏物のスーツに薄手のコートをはおり,ブルブル震えながら家を出ました。

 午後便のタイ航空でバンコクについたのは夜の11時。空港の外に出てみると…

 涼しい! 

(そうだった。タイの1月は涼しいんだった)

 気温は19度。湿気もなく,とてもさわやかです。一年でもっとも過ごしやすい時期なので,観光のハイシーズンであり,ホテルの予約もいちばんとりにくい,と以前,バンコク駐在員から聞いていたことを思い出しました。

 今回のホテルはいつもと違い,スクンビット地区ではない。空港にホテルのリムジンが迎えに来ている。いつもは会社の車が来るのですが,今回は夜が遅いこともあり,有料のリムジンを頼んだということでした。

 ホテルはスイス系で,格調のある豪華ホテルです。ゆったりとしたツインルームで,インターネット料金,朝食付きで日本円にして1万円以下。円高の威力です。

 部屋に入ってみると,この涼しいのにクーラーが入っている。寒いので設定温度を25度にしてみたものの,そもそも暖房の機能はついていないので,部屋はいっこうに暖かくならない。

 ベッドの薄っぺらい毛布にくるまりながら,夜を明かしました。

 翌日,タイの職員に,

「ずいぶん涼しいね」

というと,

「そうなんです。30年ぶりの寒さなんですよ。凍死者が出たんですから」

「えっ? 凍死?

「昨日は3人死んで,今日は7人。計10人死んだってニュースで言っていました」

 といってもバンコクの話ではなく,イサーン(東北地方)の話。山間部では0度近くまで冷え込んだらしい。「地球温暖化」が嘘のような話です。

|

« 物語を読む~ライオンとネズミ① | トップページ | 物語を読む~ライオンとネズミ② »

タイ訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1002106/29763369

この記事へのトラックバック一覧です: バンコク便り~凍死(2009/1/24記):

« 物語を読む~ライオンとネズミ① | トップページ | 物語を読む~ライオンとネズミ② »