« バンコク便り~風俗産業(2009/2/1記) | トップページ | 虫について(2009/2/25記) »

物語を読む~カラスとつぼ②

タイ語版には,「水差し」を倒そうとしてだめだった,という場面は出てきません。

したがって,原話の

「知恵が力を凌ぐ」

という教訓を引き出すことはできないですね。

そして,石を入れるというアイデアは,子どものカラスがくやしまぎれにやった偶然の行動ということになっている。

このへんはタイで付け加えられた脚色か,翻訳元がそうなっていたのか。

"ทำ อย่างไร ดี จ๊ะ แม่"

ลูกกา ตัวหนึ่ง ถาม

แม่กา คิด

ลูกกา คิด ด้วย



「どうしたらいいの,お母さん」

一羽のカラスの子が聞きました。

カラスのお母さんが考えました。

カラスの子どもたちも考えました。




ลูกกา น้องเล็ก คิด ไม่ ออก จึง โมโห

มัน คาบ ก้อนหิน โยน ลง ใน เหยือก

แม่กา เห็น ลูกกา น้องเล็ก โยน หิน ลง ใน เหยือก

แม่กา จึง คิด ออก



末っ子のカラスは考えが出なかったので,腹をたてました。

その子は,石をくわえてつぼの中に投げ込みました。

カラスのお母さんは,末っ子のカラスが石をつぼの中に投げ込んだのを見ました。

カラスのお母さんは,それで思いつきました。




"ลูกลูก... คาบ ก้อนหิน มา ใส่ ใน เหยือก กัน เถอะ"

"ใส่ ทำไม จ๊ะ แม่"

ลูกกา สงสัย

"เรา จะ ได้ กิน น้ำ กัน ไง ลูก"

แม่กา ตอบ



「あんたたち,石をくわえてきてつぼの中に入れよう」

「なんで入れるの」

カラスの子は不思議に思いました。

「そうすれば水が飲めるようになるのよ,ぼうやたち」

とカラスのお母さんが答えました。




ลูกกา สงสัย แต่ ยัง คาบ ก้อนหิน ใส่ เหยือก ต่อไป

แม่กา และ ลูกกา ช่วย กัน คาบ ก้อนหิน ทีละ ก้อน

ใน เหยือก มี ก้อนหิน มากขึ้น มากขึ้น

น้ำ ใน เหยือก สูงขึ้น สูงขึ้น



カラスの子はまだ不思議でしたが,石をくわえてつぼの中に入れ続けました。

カラスのお母さんとカラスの子どもたちは,いっしょに一個ずつ石をくわえました。

つぼの中には石がだんだん増えました。

つぼの中の水もだんだん高くなりました。




ลูกกา ดีใจ จะ ได้ กิน น้ำ

ทุกตัว ช่วย กัน คาบ ก้อนหิน จน เหนื่อย

"แม่จ๋า หนู เหนื่อย หยุด เถอะ จ้ะ"

ลูกกา ตัวหนึ่ง พูด

"ทน อีกนิด นะ ลูก"



カラスの子は,水が飲めるようになるのを喜びました。

みな疲れるまで石をくわえました。

「お母さん,ぼく疲れたよ。休もうよ」

一羽のカラスの子が言いました。

「もうちょっと我慢して,ぼうや」




ในที่สุด น้ำ เต็ม เหยือก

ลูกกา ทุกตัว จึง ได้ กิน น้ำ จน อิ่ม



ついに水がつぼの上まで来ました。

それでカラスの子は,みな水をお腹いっぱい飲めるようになりました。



|

« バンコク便り~風俗産業(2009/2/1記) | トップページ | 虫について(2009/2/25記) »

読解」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1002106/29992721

この記事へのトラックバック一覧です: 物語を読む~カラスとつぼ②:

« バンコク便り~風俗産業(2009/2/1記) | トップページ | 虫について(2009/2/25記) »