« 物語を読む~金の斧② | トップページ | 物語を読む~うそつき少年② »

物語を読む~うそつき少年①


原作は以下。

羊飼いがヒツジの群を村から遠く追って行きながら,いつもこんな悪さをした。大声で村の人に助けを求めては,オオカミがヒツジを襲いに来た,と言ったのだ。

二度三度は村人たちも慌てて飛び出して来て,やがて笑い物にされて戻って行ったが,とうとう本当にオオカミが来てしまった。

ヒツジの群が分断され,羊飼いは助けを求めて叫んだが,村人はまたいつもの悪さだと思って,気にもかけなかった。こうして羊飼いはヒツジを失ってしまった。

嘘つきが得るものは,本当のことを言った時にも信じてもらえぬこと,ということをこの話は説き明かしている。

หมู่บ้าน เล็กเล็ก แห่งหนึ่ง อยู่ บน ภูเขา 

ทุกคน ใน หมู่บ้าน อยู่ อย่างสงบ



ある小さな村が,山の上にありました。

村の人たちは,みな平和に暮らしていました。




หมู่บ้าน แห่งนี้ มี แกะ มากมาย 

และ มี เด็กชาย คนหนึ่ง เป็น คน เลี้ยง แกะ

ทุกคน ใน หมู่บ้าน เรียก เขา ว่า "เด็กเลี้ยงแกะ"

เขา เป็น เด็ก ซุกซน และ ชอบ แกล้ง คนอื่น



この村には羊がたくさんいました。

そして羊の世話をしている一人の男の子がいました。

村の人たちはみな,その子を「羊飼いの子」と呼んでいます。

その子はいたずらっ子で,ほかの人をだますのが好きでし。




ใกล้ หมู่บ้าน แห่งนั้น มี หมาป่า ดุร้าย ตัวหนึ่ง อยู่ ใน ป่า

มัน ชอบ จับ แกะ ใน หมู่บ้าน ไป กิน 

เด็กเลี้ยงแกะ ต้อง คอย ต้อน แกะ หนี หมาป่า



その村のそばに一匹の悪い狼がいて,森の中に住んでいました。

狼は,よく村の羊を捕まえて食べに来ます。

羊飼いの子は羊を見張って,狼から守らなければなりません。




วันหนึ่ง เด็กเลี้ยงแกะ ต้อน แกะ ไป กิน หญ้า ข้าง ลำธาร

"เบื่อ จัง เล่น อะไร ดี นะ "

เด็กเลี้ยงแกะ ชอบ แกล้ง คนอื่น 



ある日,羊飼いの子は草を食べさせるために羊を小川のそばへ連れて行きました。

「ほんとに退屈だなあ。どんな遊びをしようかな」

羊飼いの子は,人をだますのが好きでした。




เขา จึง วิ่ง ไป ใน หมู่บ้าน

"ช่วยด้วย หมาป่า จับ แกะ ไป กิน แล้ว ช่วยด้วย"

เด็กเลี้ยงแกะ ตะโกน และ วิ่ง รอบ หมู่บ้าน



彼は村の中へ走って行きました。

「助けて。狼が羊を捕まえて食べに来た。助けて」

羊飼いの子は叫びながら,村を走り回りました。




"หมาป่า อยู่ ที่ไหน เจ้าหนู" 

ชาย คนหนึ่ง ถาม

"อยู่ ข้าง ลำธาร ใน ป่า"

เด็กเลี้ยงแกะ ตอบ



「チビ,狼はどこにいる?」

一人の男が聞きました。

「森の中の小川のそばにいるよ」

羊飼いの子が答えました。




ทุกคน ใน หมู่บ้าน รีบ วิ่ง ไป ไล่ หมาป่า

แต่ เด็กเลี้ยงแกะ ไม่ ไป 

หมาป่า ไม่ได้ มา กิน แกะ



村の人たちはみな,狼を追い払いに急いで走って行きました。

しかし,羊飼いの子は行きませんでした。

狼は,羊を食べに来てはいませんでした。



|

« 物語を読む~金の斧② | トップページ | 物語を読む~うそつき少年② »

読解」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1002106/30211949

この記事へのトラックバック一覧です: 物語を読む~うそつき少年①:

« 物語を読む~金の斧② | トップページ | 物語を読む~うそつき少年② »