« 物語を読む~キツネとカラス① | トップページ | 物語を読む~キツネとカラス② »

バンコク便り~タバコ(2009/1/28記)

 バンコクの免税店で売っているタバコには例外なく死体の写真がついています。それも1種類ではなく,行くたびに新しいバージョンがお目見えする。

 今回買ったキャスターマイルドのカートンには,赤ちゃんを抱いた父親が赤ちゃんに煙を吹きかけている図。

(あ,死体じゃないパターンもあるんだ)

 しかし,中を開けてタバコを取り出すと,箱に印刷されている写真はやっぱり死体でした。死体の口を開けさせて,ニコチンとタールで真っ黒,ぼろぼろになった歯と歯茎を見せるという趣向。タバコがまずくなりますが,それが狙いなのだから仕方がない。

 ところで,今回泊まったホテルの部屋には,朝になるとバンコクタイムスという英字新聞が配られる。ホテルのレストランで朝食をたべながらめくると,国境付近で殺されたゲリラの死体写真が載っていました。モザイクもなしに,刺殺されたとおぼしき若い男性の死体が,血の色も鮮やかにカラーで載っている。

 思わず,
イチゴジャムをつけたクロワッサンを取り落としました。

 空港での警察と市民の衝突もそうでしたが,テレビも流血シーンをもろに放映する。

 ほほえみの国タイ,心優しい仏教の国タイですが,残酷なシーンについては意外に抵抗がないようです。

|

« 物語を読む~キツネとカラス① | トップページ | 物語を読む~キツネとカラス② »

タイ訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1002106/29763442

この記事へのトラックバック一覧です: バンコク便り~タバコ(2009/1/28記):

« 物語を読む~キツネとカラス① | トップページ | 物語を読む~キツネとカラス② »