« 2009年11月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年10月

バンコク便り~夕食その3/タイ料理(2010年9月4日記)

 最終日は,深夜便で帰国するため,ホテルと空港の中間で食事をします。

 バンコクから日本への便は機内泊のことが多い。飛行時間は約6時間。離陸時と着陸前の時間を除くと,睡眠可能時間は約4時間。限られた時間によく眠るためには,酒の力を借りる必要があります。

 それで,帰国日の夕食の酒は多めになるのが常。

 初日,二日目と中華料理だったので,三日目は純粋タイ料理に店にいきました。

続きを読む "バンコク便り~夕食その3/タイ料理(2010年9月4日記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~夕食その2/燕と豚(2010年9月2日記)

 二日目の夜も,前夜に引き続き,同じ店に行きました。同行のタイ人は,「せっかくタイに来たのに,同じ店に行かなくても…。もっとおいしい店がありますよ」と難色を示しましたが,「お客様」であるわれわれ出張者の「子豚の丸焼きが食べたい」という強い希望に押し切られた形。

 予約の電話を入れると,子豚は特別料理で時間がかかるので,前もって注文が必要。即座に,子豚の予約も入れました。

 メインディッシュの子豚が来る前に何を頼むか。写真つきのメニューを繰ると,あるスープの値段に目がいきました。

続きを読む "バンコク便り~夕食その2/燕と豚(2010年9月2日記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~夕食その1/海鮮中華(2010年8月31日記)

 ホテルから会社まで,歩けば15分ぐらいの距離です。ただ,暑かったり,雨が降ったりで,いつも行き帰りは会社の人の車で送迎してもらっていました。

 その道沿いに,以前から気になっていた店がある。店の外側に水槽が並んでいるので,海鮮のお店のようです。以前,別の出張者がその店に行き,おいしかったというので,いつか入ってみたいと思っていました。

続きを読む "バンコク便り~夕食その1/海鮮中華(2010年8月31日記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~深夜の到着(2010年8月29日記)

 バンコクスワンナプーム空港に着いたのは現地時間,夜の10時半。大阪から到着組と合流し,ホテルのリムジン(ハイヤー)でホテルに向かいます。

 日本の成田空港までのアクセスは,京成スカイライナーが新型になり,空港へのアクセスが短縮されましたが,スワンナプームでも空港と市内を結ぶ鉄道(エアポート・レール・リンク)が計画されており,つい最近開通したとのことです。

続きを読む "バンコク便り~深夜の到着(2010年8月29日記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~タクシー(2010年7月26日記)

 二日目の夕食は思ったより早くお開きになり,9時ごろにホテルに着きました。

 連れの中国系日本人は,タイ式マッサージが大のお気に入りで,ホテル内のマッサージルームに予約を入れにいく。ほかの二人は女性(日本人と韓国人)で,翌日に備えて早めに休むという。私は,ちょっと飲み足りない気がしたので,一人で飲みに行くことにしました。

続きを読む "バンコク便り~タクシー(2010年7月26日記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~食べたものなど(2010年7月24日記)

 出張は3泊3日。最後の一泊は機内泊です。

 初日は夕方着いて,夕食だけ会社の人に付き合ってもらいました。ホテル近くのタイレストランで,代表的なタイ料理のいくつかを食べました。

 トムヤムクン,ソムタム(パパイヤサラダ),プラートート(魚の丸揚げ),魚のすり身蒸し,空芯菜の炒めもの,カニと卵炒め,カオパックン(エビチャーハン)…。ふだんも日本のタイ料理屋でよく食べますが,やはり本場ものは味が違います。

続きを読む "バンコク便り~食べたものなど(2010年7月24日記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~サラ(2010年7月22日記)

 タイのホテルの部屋に,サービスとして果物の盛り合わせがおいてありました。クルーアイ(バナナ),アッペン(りんご,アップルのタイ式発音),そして「ンゴ」(ランブータン、発音が難しい)です。リンゴは外来語であることからわかるように,もともとタイにはない果物。値段は高いようですが,まずい。

 タイの果物の豊富さについては,以前も書いたことがあります(→リンク)。

続きを読む "バンコク便り~サラ(2010年7月22日記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~5月騒乱の傷跡(2010年7月20日記)

 私の出張先は,ラチャダー通りにある高層ビル。昨年竣工した出来立てのビルで,またテナントも埋まっていません。

 先の5月騒乱時,このビルが襲撃されたという報が入りました。撃ち込まれた銃弾により,一階のガラスが砕けたのです。最初は流れ弾でも飛んできたんだろうと思っていましたが,よく聞いてみると,どうも狙われたらしい。なんでもビルのオーナーがタクシンの奥さんか,その親戚らしく,反タクシン派による意図的銃撃といううわさがもっぱらです。

続きを読む "バンコク便り~5月騒乱の傷跡(2010年7月20日記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~ルドゥー・フォン(2010年7月18日記)

 久方ぶりのタイ出張です。

 前回,2月に行ったあと,本当ならば5月にも出張を予定していたのですが,例の騒乱のせいで出張は中止。5カ月ぶりの訪泰となりました。

 今,タイは雨季(ルドゥー・フォン)です。

(クソ暑いんだろうなあ)

 間が空いてしまったこともあって,タイが実は寒いということをすっかり忘れ,持って行った着替えはすべて半袖,いつもならもっていくトレーナーも忘れるという失敗を犯してしまいました。

続きを読む "バンコク便り~ルドゥー・フォン(2010年7月18日記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~二次会(2010年2月24日記)

 いつも,食事のあとに飲み屋に連れていってくれる駐在員があいにくシンガポールへ出張中だったので,飲み屋を自力で探さなければなりませんでした。

 前回の出張時,ホテル周辺を歩いてみたけれど,あるのはパーラーと屋台,服のお店ばかりで,飲み屋は見当たらない。少しでも土地勘があるのは,オフィス引っ越し前に泊まっていたホテルの周辺だけです。

「じゃ,スクンウィットに行きましょうか。前に行った飲み屋の場所ならわかると思います」

 もう一人の出張者も同意したので,タクシーに乗り込みます。

「スクンウィット・ソイイーシプソーン」(スクンウィット街22番通り)

続きを読む "バンコク便り~二次会(2010年2月24日記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~辞書(2010年2月22日記)

 日本にはタイ語辞典にろくなものがない。「ろくなもの」というのは例文のある辞典のことです。

 私がもっているのは三省堂の『デイリー日タイ英・タイ日英辞典』と,大学書林の『簡約タイ語辞典』。前者は3カ国語なので便利ですが,単語集のレベルを出ていない。後者は,同じ出版社から出ている『タイ語辞典』(4万5000円)の簡約版。収録単語は前者よりは多いけれど,例文がない。で,その元になった『タイ語辞典』も,以前通っていた語学学校にあったのでめくってみましたが,これも例文はほとんどない。

 それで,今回の出張時に,例文の豊富なタイ語辞典があれば,一つ買っていこうかなと思ったのです。

続きを読む "バンコク便り~辞書(2010年2月22日記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~食事など(2010年2月10日記)

 韓国出張から1週間後,今度はバンコクです。

 厳寒から酷暑の国へ。タイでいちばん暑い季節は4月で気温は40度近くに達するそうですが,2月も後半になると相当暑くなる。夕方空港に着いたときは32度でした。

 空港に迎えにきてくれたホテルのリムジンの中で出された冷たいおしぼりが心地よい。ホテルはラチャダー通りにあるスイソテル・ル・コンコルド。高級ホテルだけれど,今は円高なので一泊1万円ほど。

続きを読む "バンコク便り~食事など(2010年2月10日記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出稼ぎゾウ(2009年10月9日記)

こんな記事がありました。

出稼ぎはいやだゾウ…街で保護、地方に戻しケア

【バンコク=田原徳容】タイ政府とバンコク当局は、繁華街で内外の観光客の前でバナナを食べたり、客を乗せる芸をさせられる「出稼ぎゾウ」を保護、地方に移送する作戦を進めている。
 地方の景気の悪化で今年に入り、一時は16年前の20倍の200頭まで増加したが、保護作戦などが奏功、現在は10頭以下に減少している。
 

続きを読む "出稼ぎゾウ(2009年10月9日記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年12月 »