« バンコク便り~タクシー(2010年7月26日記) | トップページ | バンコク便り~夕食その1/海鮮中華(2010年8月31日記) »

バンコク便り~深夜の到着(2010年8月29日記)

 バンコクスワンナプーム空港に着いたのは現地時間,夜の10時半。大阪から到着組と合流し,ホテルのリムジン(ハイヤー)でホテルに向かいます。

 日本の成田空港までのアクセスは,京成スカイライナーが新型になり,空港へのアクセスが短縮されましたが,スワンナプームでも空港と市内を結ぶ鉄道(エアポート・レール・リンク)が計画されており,つい最近開通したとのことです。


 でも宿泊ホテルまでのアクセスがよくわからないし,夜遅いし,ホテルリムジンは3泊以上の宿泊客は無料だし,ということで,使いませんでした。

 飛行機が着陸すると,いつもとは違って,タラップを降りいったん機外に出て,バスに乗り換え空港の建物に行くという原始的な方法を使います。まあ,空港の中を延々と歩かされるのよりはいいかもしれません。

 空港に迎えに来ていたホテルのリムジンに乗ってしばらくすると,空が光り始めました,雷鳴とともに雨がぽつりぽつりと落ちてきました。

 今は雨季。ほぼ毎日,スコールがやってきます。

 雨はたちまち土砂降りに変わります。雨は日本では想像できないほどの激しさで,ワイパーを最速に効かせても,視界が確保できないほど。

 タイ語で雨が激しく降ることを,「フォン・トク・ナク」といいます。直訳すると「雨が重く落ちる」。

 まさに「バケツの水をひっくりかえした」ような感じです。

 それでも運転者さん,慣れているのかスピードをあまり落とさない。下り坂を下りきったところにつっこむときは,さながらスプラッシュ・マウンテンです。道路の水たまりからのはね上げが自分の車のフロントガラスにもろにかぶります。われわれ3人は「ヒャー」と悲鳴をあげるが,運転手さんは動じない。

(なにも,そんな急ぐ必要ないんだけど…)

 雨もあってか,タクシーを降りたときの気温はそんなに暑くはない。

「大阪よりすずしいな」

 大阪から来た出張者がつぶやきます。日本の(特に大阪の),あのうだるような不快さはありません。

 激しくスコールが降っても,しばらくすると道路が乾いてしまうのは,湿度があまり高くないせいでしょう。そして,道路も長い間冠水が続かないのは,排水設備が整っているからでしょうか。

 ホテルに着いたのは11時すぎ。日本時間なら夜中の1時です。マッサージには遅いし,食べたり飲んだりする元気も残っていなかったので,そのままホテルのベッドに倒れこみました。

|

« バンコク便り~タクシー(2010年7月26日記) | トップページ | バンコク便り~夕食その1/海鮮中華(2010年8月31日記) »

タイ訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1002106/37370648

この記事へのトラックバック一覧です: バンコク便り~深夜の到着(2010年8月29日記):

« バンコク便り~タクシー(2010年7月26日記) | トップページ | バンコク便り~夕食その1/海鮮中華(2010年8月31日記) »