« 2010年12月 | トップページ

2011年4月

タイのタバコ事情(2011/2/24記)

 スペインでこの1月からレストランが全面禁煙になったことを書きました。

 タイでは,かなり前からレストランは全面禁煙。私のような喫煙者は,レストランで一通り食べ終わり,食休みの時間になると,席をはずして屋外の喫煙スペースで一服します。たいていレストランもクーラーががんがん効いているので,ちょっと暖まりにいくという側面もあります。

続きを読む "タイのタバコ事情(2011/2/24記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~カヌン(2011/2/18記)

 今回は,タイ料理について,特記すべきことはありませんでした。

 というのも,初日の夜,現地駐在員に連れられていったところは日本料理屋。

「おいしいちゃんこ屋さんができたんですが,一人じゃいけないので,犬鍋さんが来たときに行こうと思っていたんですよ」

と言われてしまっては,

(タイ料理のほうがいいんですけど)

とは言い出せない。


続きを読む "バンコク便り~カヌン(2011/2/18記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~地下鉄(2011/2/16記)

 今まで,タイに出張すると,会社またはホテルの車に迎えに来てもらい,会食に行くときもほとんどが会社の車。一般の交通機関を利用する機会はほとんどありませんでした。

 最近はタイ語が少しできるようになったので,一人でもタクシーに乗るという冒険をすることがあります。タクシー以外の交通機関で利用したことがあるものは,トゥクトゥク(小型窓無しタクシー)が二回。BTSが一回です。BTSというのはバンコク市内を走る高架鉄道。一般のバス(エアコン無し)やバイクタクシーには乗ったことがありません。

 今回の出張では初めて地下鉄に乗ってみました。

続きを読む "バンコク便り~地下鉄(2011/2/16記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~味噌女(2011/2/14記)

 タイのコーヒーはまずい。

 事務所が引っ越す前は,同じビルの一階にスタバがあったので,そこで飲んでいました(日本のスタバは禁煙なので決して足を踏み入れないけれど,タイは屋外席があってそこは喫煙できる)。
ところが引っ越し後のオフィスは,最寄りのスタバまでかなり遠いので,仕方なくビル内の地元のコーヒーショップで済ませていたのです。ま,安いから許せるんですけどね。

 ここで,スタバのコーヒーの高さが話題になった。

「80バーツぐらいだっけ?」

「昼御飯が35バーツだから,2倍以上だね」

「韓国も高いですよ,スタバ」

と,韓国から合流した韓国女性。

「最近,テンジャンニョっていうのが話題になってるんです」

「テンジャンニョ? 味噌女?」

「ええ,昼御飯
はテンジャンチゲ(味噌鍋)などで安くすませて,スタバで高いコーヒーを飲む女性のことです」

「???」

続きを読む "バンコク便り~味噌女(2011/2/14記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~戦争(2011/2/12記)

「いまタイで戦争が起こってるんですよ」

「えっ,戦争?

 出張初日,事務所から会食に向かう車内での会話です。このところ,エジプトの状況に目を奪われていて,タイ関連のニュースには注目していませんでした。

「で,どこと?」

「カンボジアです」

続きを読む "バンコク便り~戦争(2011/2/12記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンコク便り~機内での出会い(2011/2/10記)

 スペインからの帰りの飛行機内でウイルスをもらったのでしょうか。成田から自宅に帰るまでの間にのどが痛み始め,会社も一日休みました。その風邪がまだ治りきらないうちに,次のタイ出張がやってきた。

 成田から乗ったタイ航空は満席。今年は2月3日が春節(旧正月)ですが,それと何か関係があるのか。タイには中国系の人々が多いから? いつもは通路側の席をとるのですが,それもままならず,真ん中の席になりました。両隣は日本人。

 今回の飛行機は,それぞれの席にモニターがついておらず,6時間以上の時間を映画でつぶすことができません。しかたがないからマスクをしたまま本(タイ語関連)を読んだり,書類に目を通したり,うつらうつらしたり。到着まであと一時間ぐらいになったところで,窓際の男性がトイレに行くというのでついでに私も行き,それをきっかけにその男性と話すようになりました。

続きを読む "バンコク便り~機内での出会い(2011/2/10記)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ