« バンコク便り~戦争(2011/2/12記) | トップページ | バンコク便り~地下鉄(2011/2/16記) »

バンコク便り~味噌女(2011/2/14記)

 タイのコーヒーはまずい。

 事務所が引っ越す前は,同じビルの一階にスタバがあったので,そこで飲んでいました(日本のスタバは禁煙なので決して足を踏み入れないけれど,タイは屋外席があってそこは喫煙できる)。
ところが引っ越し後のオフィスは,最寄りのスタバまでかなり遠いので,仕方なくビル内の地元のコーヒーショップで済ませていたのです。ま,安いから許せるんですけどね。

 ここで,スタバのコーヒーの高さが話題になった。

「80バーツぐらいだっけ?」

「昼御飯が35バーツだから,2倍以上だね」

「韓国も高いですよ,スタバ」

と,韓国から合流した韓国女性。

「最近,テンジャンニョっていうのが話題になってるんです」

「テンジャンニョ? 味噌女?」

「ええ,昼御飯
はテンジャンチゲ(味噌鍋)などで安くすませて,スタバで高いコーヒーを飲む女性のことです」

「???」

「それって,かっこいい女性なの」

「いえ,カッコつけてるだけの女性で,否定的なニュアンスですね」

 夜,ホテルに帰ってインターネットで検索してみると,韓国内のサイトだけでなく,日本のサイトにもたくさん紹介済でした。韓国事情,日々に疎し…。

 そしてこれは必ずしも最近生まれた言葉でさえなく,2006年ごろからある言葉らしい。2006年といえば,私がまだソウルに住んでいたころのことではないか。単なる「もの忘れ」かもしれないですね。

 古そうな記事を選んでご紹介すると(→りんく

 テンジャン女論争は、この春に書かれた「テンジャン女の一日」という、ある男性の書き込みから始まりました。テンジャン女というネーミングは、「韓国語でいう「ええい、このっ」という意味のジェンジャンにかけた」など諸説ありますが、「くそもみそも区別がつかない」が有力な説で、その定義は、

「朝は、1時間ほどかけて丹念にヘアメイクし、スターバックスとファミリーレストラン、ブランド品にこだわり、ニューヨーカーの生き方を志向。男性は、奢ってもらったり、何かを買ってもらう、自分の欲望を満たすための存在で、虚栄心に満ち満ちた独身女性」

というのが通説になっています。

 スタバとブランド品はいいけれど,ファミレスというのが日本のイメージとはちょっと違います。韓国のファミレスは日本よりおしゃれで高価なイメージですね(少なくとも私が韓国にいたころは)。

 ただ,先の韓国人が言っていた「昼飯はテンジャンチゲなどで安くすませて」というのと,意味も語源も少し違う。4年の間に,意味が少しずつずれてきたのでしょうか。

 最近の韓国事情に詳しいかたに,ご教示いただければと思います。

|

« バンコク便り~戦争(2011/2/12記) | トップページ | バンコク便り~地下鉄(2011/2/16記) »

タイ訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1002106/39808727

この記事へのトラックバック一覧です: バンコク便り~味噌女(2011/2/14記):

« バンコク便り~戦争(2011/2/12記) | トップページ | バンコク便り~地下鉄(2011/2/16記) »